忍者ブログ
ssgrのにっきみたいなものです
93  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20080706.jpg

[ HOT FUZZ ] 初日初回行って来た!!
一日経った今でも興奮冷めやらぬ状態ですよ! うおおおおお!!

「SHAUN OF THE DEADの監督・主演で今度は刑事モノ創ったらしい」というニュースから1年以上。ずっと日本公開マダーマダーとうろたえたり、とりあえずAmazonUKからコレクターズDVD買ったり、とりあえずTシャツだけ
買ったりしつつ、国内公開が決まってから高まりすぎる期待をしてきた僕ですが、この映画はその過剰な期待を全く裏切らないというか、それ以上の、自分映画史上最強の部類に入る傑作でした。
0705a.jpg
何気に満席の初日初回、9時の時点で(開場は10時)20人位並んでたりとか、HOT FUZZのTシャツを着た青年(ちなみに僕の前はジャーマンメタルのハロウィンのツアーTの人でした)がいたり、GAGAの広報さんが警察官コスプレでうろついていたりと、イベント感高くて盛り上がった訳ですが……やっぱり、本編上映中が一番盛り上がった! 

もう、初日初回に来るような客は、やっぱり皆国内公開署名運動とかに参加した奴ら(自分含め)だろうから分かるとして、隣の席のスカしたサブカル女子とかも、場内みんな本当笑ってた。こんなに気持ちのいい映画館の状態は久々だったよ!

内容うんぬん言うのは野暮なので描かないけど、ベタなコメディー映画にありがちな苦笑とかは全く心配しなくていい「本気の遊び心」が散りばめられた、映画愛あふれる作品だと思う。途中までのじわりじわりとした盛り上げと、バリバリに“客に分からせたい・振りまくりたい”伏線(というのだろうかw)、そして近年稀に見るような猛烈なテンションのアクションシーン! どこをどう切っても、本気汁あふれまくりの最強コメディ映画だと思います。(よくあるツマラン誤解を恐れず、敢えて“コメディ”と言いたい!) ひとつひとつのシーンに「きたきたw」と突っ込みたいんだけど、そんな気持ちは次のシーンで即座に吹き飛ばす勢いの、息もつかせぬ最高の傑作だた!


[ インディ ] も良く出来てて「さすが!」とうならされたし、[ SHOOT'EM UP ] も粋なアホ映画だったし、[ フィースト ]もテンション高いスーパーコメディーホラーだったし、[ NO COUNTRY FO OLD MAN ]も怖くてサスペンスフル・かつ可笑しい傑作だったけど、今年観るなら間違いなく、エドガー・ライト監督 [ HOT FUZZ ] をお薦めしたい! 夏はこの映画ではじまるよ! これは是非、映画館で知らない他人と大騒ぎして観ないとですぜ!


■微妙な日本語訳つきトレイラー
http://jp.youtube.com/watch?v=1LY6UykHFJo

一番好きだったエドガー・ライトとペグ/フロストのコメントが冒頭についてるUK本国版無くなってる! 日本語字幕がイマイチだけど、このVerが一番シャープで(残虐シーンもあるし)好きです。(正直、国内版の予告編とかサイト、広報活動は好きじゃないというか、魅力を伝え切れてない感じなのでオススメしません……。公開してくれたのは本当に感謝してるけど、「昔ながらの下らないオワライ的やり方しかできないのか映画の仕事してる人達って?」と少し不思議な気持ちだ)あと、パンフが最近よくある“サイトそのまま載せました”的で少し残念。町山さんのコラムとか載せてくれたら楽しかったのになあ。と言うのは贅沢すぎるかな。てか町山センセ日本語字幕監修してるの最初にみると安心して観れた!頼もしい!


てか、自分的カリスマ度No.1の大槻ケンヂとJ太郎トークショー無茶苦茶だったw J太郎映画観てないのも、あの人のキャラだから「トホホ」で笑えたけど、正直、あの傑作観終わった後は、折角だからもう少しちゃんと中身に触れた内容も聞きたかったな。まあ、あれはあれで面白かった、と書いておくけど。大槻ケンヂがちゃんと話そうとしてたのがちょっと微笑ましかったw 二回目・三回目観に行くときは、19日の町山さんトークの回も行ってみたいなあ。



いつまで上映してるかわからないけど、また観に行かなきゃ! DVDで観るのは何とか我慢してきたけど、一度観終った今、PAL版を再生しそうでやばい……。でも上映中は映画館で観ないと半分も楽しめない気がするよ! 公開直前に「5日の仕事」が入ったんだけど、「用事があるので行けませんすいません」と言ったことには少し申し訳ないとは思うけど、全く反省はしていないよ! いやあ、映画って、本当に素晴らしいものですね。

そして気が早いけど、エドガー・ライト監督がもう創ってるらしい次回作にも大期待!
http://www.cinematical.com/2008/04/03/edgar-wright-and-simon-pegg-going-to-the-worlds-end/

---
智奈のえろす絵を……と思って描いたけど、全然えろくなりませんでした改めて挑戦するます
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL
||| カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
||| オパビニアワッペンあります
opabi02
オパビニアのワッペン作りました。ポロシャツ等につけてラコステ風に。その他適当に使えるかもしれません。ご入用の方、下記メールアドレスかコメント欄にでもご一報くださいマセ
pageeightyeight[+]hotmail.com
opabi01
||| プロフィール
HN:
ssgr
性別:
非公開
職業:
スパイ
趣味:
ひみつ
||| twitter @ gr0112
|| The World's End
The World's End
July. 19.2013
http://www.theworldsendmovie.co.uk/ (added Feb.12.2013)
||| paul
whatispaul
March.18.2011
http://blog.whatispaul.com/ (Sept.24.2010)
||| ブックマーク
[ The World's End ]
Aug.14.2013
[ edgarwrighthere ]
Director Edger Wright's weblog
[ paul ]
March.18.2011
[ 氷あめ ]
Baby Princess関連でかわいすぎます
[ bow! ]
かっこいい
[ Otaku days ]
Ich liebe Bier!
[ 締鯖 ]
ほんとおもろいひとです
[ 三日で飽きる ]
すごいギャグ漫画
[ yyyg ]
やぎ
||| 最新CM
[01/06 rgv6oxqp0a2]
[01/06 ttt7nlcw4m3]
[01/01 qaq8imeu3a8]
[04/06 MoinoparExani]
[02/10 Yoshi]
バーコード
||| ブログ内検索
||| 拍手
||| カウンター
||| かいせき
忍者ブログ [PR]
"ssgr" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.