忍者ブログ
ssgrのにっきみたいなものです
1  2 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20080128c.jpg
本を買った。

●ディーン・(R・)クーンツ [ 対決の刻(上/下) ]
●北村 一光 [ ファントム・ピークス ]
●梅 佳代 [ 男子 ]
●宮村 優子 [ 電脳コイル 4 ]
●令丈ヒロ子 [ 若おかみは小学生! ]
●いがらしみき [ ガンジョリ ]

[ ファントム・ピークス ]と[ ガンジョリ ]を買いに行っただけなんだけど、気付いたら沢山持ってレジに並んでた訳で。よくある話。


藤田新策さん というイラストレーターさんのファンです。
ゲーム好きには[ サイレン ]のパッケージで、書店によく行く人にはスティーブン・キングやクーンツ、宮部みゆき、恩田陸各氏や[ 怪盗ルパン ]シリーズなんかのカバーで目に触れるかもしれない方。

http://www.shinsakufujita.com/

中学生時代だったと思うが、当時書店で見かけたクーンツの[ ミッドナイト ]のカバーイラストに目を奪われ、どうしようか迷いに迷い、店内を3周程して結局手に取ったのも懐かしい。

[ ミッドナイト ]は、当時日本ではボチボチ程度の知名度だったクーンツのシリーズを出していた文春文庫からのリリースだった。その前は創元推理とかから[ ファントム ]とかが出てたけれど、文春のシリーズはその“装丁”の一貫性、というか“シリーズ感”の部分で相当かっこよかった気がする。

文春から出ていた[ ストレンジャーズ ][ ミッドナイト ][ ウオッチャーズ ][ 心の昏き川 ][ バッドプレイス ]等々のクーンツシリーズは、基本的に藤田さんのイラストだった。氏の主に暗い色調で描かれた重厚な絵の上に、白や黄色、赤等の高彩度の太ゴシック体(横幅120%くらい)でタイトルが乗る、というスタイルは、その後書店での“クーンツ新刊探し”に非常に役にたった。

まあ、その後あの“超訳”なんかに出版権移ったんだか、「これ、クーンツの本て言われてもなあ……」みたいのばっかりで非常に寂しい気持ちになったものですよ。(新作の装丁もSFちっくでうるさ過ぎて個人的には微妙)
fantom.jpg

で[ ファントム・ピークス ]は、前にも本屋さんで見かけて手にとってはまた棚に置いていた本。何故手に取っていたのかといえば、やはり「カバーイラスト・藤田新策」だから。

内容もパニックサスペンス+陰謀的で僕の好きなテーマ(クーンツ的かw)みたいなので迷っていたんだけど、映画秘宝に紹介があったので踏ん切りをつけて買いました。ハードカバーだと絵も大きいしね!


だけどやっぱり、商品の装丁って重要ですよね。クーンツで藤田氏のファンになってから、書店で氏の絵に引き寄せられて宮部みゆき、恩田陸、そしてこの本にも出合えた訳です。そしてゲームの[ サイレン ]だって、それら作品が持つムード/色合いの明らかな指針になっている。

店頭でパッケージを見てそれを購入する。そしてそれを楽しんだ(楽しめないかもですけどw)、そのいちばん最後。もう一度改めて見るのが“装丁”であると考えると、作品に引き寄せ、内容に余韻まで与える事ができるのが“成功した装丁”ってやつなんだろうなあ。


立ち読みして思わず一緒に購入した写真集[ 男子 ]も、その成功がかなり顕著な気がして小気味よい。ここまでいくと“反則”レベルの凄みがあるけど。だって、この顔、とにかくやばいw 内容が一発でわかるぜ!
http://www.1101.com/umekayo/

---
もう12年かれこれ、ずっと気になりつつも
いつも素通りしていたOBLIVIONてアメリカのバンドがあって。
久々ディスクユニオンに立ち寄ったら、
中古CDが200円とかだったので購入してみた。

何で今まで買わなかったんだろう。
BOLLWEEVILSとか、SLAPSTICKのライブ写真で
メンバーのギターにステッカーが貼られていた理由も何となく分かる
POPでほろ甘い音楽でした。


でも多分、血気盛んなあの時代に聴いても
自分の中ではここまで盛り上がらなかったかもしれないなー。
恐らく、今で丁度いいのかもしれない。

これから音源を探すの楽しみだなあ
http://en.wikipedia.org/wiki/Oblivion_(band)
http://centerstage.net/music/whoswho/Oblivion.html
oblivion.jpg
--
■電脳コイル ロマンアルバム
http://bp.cocolog-nifty.com/bp/2008/01/roman_album_coi_5ede.html
忘れないようにしなきあ

--
■[ 28週後 ]。
前作みたいな突然“スーパーヒーロー化”はないらしいので観たい。
ボンバーマンみたいなシーンとかスクリーンで観たいもんなあ
http://movies.foxjapan.com/28weekslater/
PR
||| カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
||| オパビニアワッペンあります
opabi02
オパビニアのワッペン作りました。ポロシャツ等につけてラコステ風に。その他適当に使えるかもしれません。ご入用の方、下記メールアドレスかコメント欄にでもご一報くださいマセ
pageeightyeight[+]hotmail.com
opabi01
||| プロフィール
HN:
ssgr
性別:
非公開
職業:
スパイ
趣味:
ひみつ
||| twitter @ gr0112
|| The World's End
The World's End
July. 19.2013
http://www.theworldsendmovie.co.uk/ (added Feb.12.2013)
||| paul
whatispaul
March.18.2011
http://blog.whatispaul.com/ (Sept.24.2010)
||| ブックマーク
[ The World's End ]
Aug.14.2013
[ edgarwrighthere ]
Director Edger Wright's weblog
[ paul ]
March.18.2011
[ 氷あめ ]
Baby Princess関連でかわいすぎます
[ bow! ]
かっこいい
[ Otaku days ]
Ich liebe Bier!
[ 締鯖 ]
ほんとおもろいひとです
[ 三日で飽きる ]
すごいギャグ漫画
[ yyyg ]
やぎ
||| 最新CM
[01/06 rgv6oxqp0a2]
[01/06 ttt7nlcw4m3]
[01/01 qaq8imeu3a8]
[04/06 MoinoparExani]
[02/10 Yoshi]
バーコード
||| ブログ内検索
||| 拍手
||| カウンター
||| かいせき
忍者ブログ [PR]
"ssgr" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.